教育研修制度

実力が付くまでの手厚いプログラムと、主体的な能力開発で、社員一人ひとりが自分の力で成長するのがライフステージの教育方針です。

ライフステージの研修制度は、基礎から始めて実力が身につくまでの全員必修のプログラム(新入社員研修など)と、年次や経験、個々人が目指したい理想の姿、各ポジションで必要となる能力を主体的に磨くことができる任意参加のプログラムの二軸で構成されています。

この制度を活用し、社員一人ひとりが主体的に成長のビジョンを描き、やりがいと喜びに満ちた毎日を過ごしていだきたいと考えています。また、このような研修プログラムを提供するほかに、資格取得支援制度も設けています。これらを通じてキャリアップを目指してください。

■基本的な研修プログラムの流れ

[図]基本的な研修プログラムの流れ

[ 画像を見る ]

■全員必修のサポートプログラム

◯新入社員研修(入社〜約1ヶ月)
入社して約1ヶ月は、本社で新入社員研修を受けます。ビジネスマナーや不動産の基礎知識など、必要な知識とスキルを身に付けていただきます。
◯金曜会(現場配属~入社1年目まで)
現場へ配属されてからは、毎週金曜日、本社での営業研修“金曜会”に参加します。入社3年目から中堅クラスの社員が講師役を務め、営業実務に則した研修を行います。
◯OJT・メンター制度(現場配属~入社1年目まで)
現場配属の際、一人ひとりにメンター(指導係)が付き、現場での日々の業務すべてを指導します。仕事のことはもちろん、様々なことの相談にも乗り、入社1年目の成長を二人三脚でサポートします。
◯月曜会(入社2年目)
入社2年目から、毎週月曜日に本社へ集合し、さらなるスキルアップを目指した営業研修“月曜会”に参加します。約1年間の金曜会を終えると月曜会のメンバーとなります。月曜会は、2年目終了時のロールプレイング・テストに合格すると卒業。ライフステージの営業社員として独り立ちをしていただきます。
◯資格取得支援制度
不動産販売のプロフェッショナル集団として、ライフステージでは、全社員に「宅地建物取引士資格」(「宅建」)の取得を義務づけています。宅建講習の受講料を会社が負担し、スキルアップをサポートします。宅建以外にも、営業スキルの向上として資格取得に取り組む社員を応援します。

■キャリアアップのための自主的な能力開発

◯社外研修
当社では社外研修制度を導入しています。ポジションに応じて講座を受講するほか、興味のある講座を何度でも受講することができます。もちろん受講費用は会社が負担します。若手社員向けの基礎スキルから、中堅、管理職向けのマネジメントスキルまで、講座はなんと100種類以上。自身のスキルアップのため、積極的な受講を奨励しています。社外での研修のため、様々な業界や年齢の方が参加されるので、社内研修とは違った刺激を受ける場にもなっています。
・若手社員向けプログラムの一例
ケーススタディで学ぶプロジェクトの進め方
論理的思考力ブラッシュアップ研修
ポジティブ・リスニング&ロジカル・シンキング ほか
・中堅社員向けプログラムの一例
若手・中堅社員のためのビジネス・トーキング
マーケティング、プレゼンテーションの基本
問題解決力講座 ほか
・管理職社員向けのプログラムの一例
マネジメント力養成シリーズ
管理職のための人事評価の基本 
部下を持つ管理職のためのコーチング ほか